« 1年越しに準備した運動会、ママは悔いなし。やりきったで~! | ホーム | 1週間献立(実際は6日) »

2014年10月22日

イボができました。液体窒素で焼く以外に塗って直す方法。

いつも行っている皮膚科にいくと
液体窒素で焼いて殺すかんじです」とのこと。

痛いらしいし、何回も通わないといけない。

はー。 ちょっとかわいそうだな。他の皮膚科も一応行ってみよう。

こうして別の皮膚科にも行ってみました。
すると、前の皮膚科ではめん棒のような形をしたものをグリグリイボに当てていたのですが、
スプレーみたいなやつでバチバチやる方法に変わりました。
どっちみち液体窒素凍結療法です。
先生はそれ以外方法がないといいます。
子供は痛がりました。

ところが、イボが塗り薬で治ったという人がいたので、
その皮膚科に行くことになりました。

処方されたのは
サリチル酸 ケンエーとウレパールを混ぜたもので、
サリチル酸というのが、イボコロリにも使われている成分で、
ウレパールは角質を柔らかくするクリームです。

イボが小さければ塗るだけで治るし、
大きければ毎日寝る前に塗ってばんそうこうでカバーし、
昼間は乾かしておくというのを2週間ほどやってから、
イボが浮いてくるのでそれを爪切りやカッターで切り落とします
ふやけているので痛くはありません。

薬を塗ることでイボが濡れた状態になると、
他の場所にうつる危険があるので、
液体窒素派の皮膚科は軟膏治療を勧めなかったのだと思います。
(と思いたいというか。。。お医者さんがイボコロリとサリチル酸を知らないわけないですよね)

でも、そうゆう選択肢とデメリットもあることを話してほしかった。。。
液体窒素の方が医療点数が高いんだろうな、などと思いたくはないのですが。

イボが塗り薬で治った

ウチの子のイボは芯と周りを合わせて1センチありました。
これは大きい方(軟膏を塗るだけではなく切り落とさないといけない大きさ)です
薬を毎日塗って2週間経ったころの写真。

イボが塗り薬で治った

多分直った頃
上の写真のころから更に2週間経過

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://fujiringo.sakura.ne.jp/hayabusa/app/mt/mt-tb.cgi/638

コメントする

このブログ記事について

このページは、あーさんママが2014年10月22日 10:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1年越しに準備した運動会、ママは悔いなし。やりきったで~!」です。

次のブログ記事は「1週間献立(実際は6日)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。