« 明日は、産休に入る同僚の最後の出勤日 | ホーム | 身体測定 »

2011年3月29日

KAGEROU

KAGEROU

最初は「ありがちな設定」だと思いましたが、
だからこそ結末が気になりました。

読みやすい文体でさらっと読めます。

筆者はインタビューでは「命の大切さを描きたかった」
と述べていたと記憶しています。

それは読みとれたと思いました。

 

<以下ちょっとネタばれ>

欲を言えば、キョウヤさんについてもっと知りたかった・・・

それぞれの人物ごとの心情が描き分けてあると

作品の奥行きがぐっと深くなりますよね。

そうゆう本が好きです。

 

また、人のレビューによると茜ちゃん、不評でした。

言われてみると心臓病もちの美少女って・・・なんかありがち・・・。

でもまあ、いいんじゃないですか?

あんまり奇想天外じゃ「命の大切さ」は描きにくいだろうし。

 

あ~、そうですか。

あんな王子さまのような美しい顔の下で

このようなまじめな本を書いていたのですね。

これからも意欲的に創作してほしいです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://fujiringo.sakura.ne.jp/hayabusa/app/mt/mt-tb.cgi/514

コメントする

このブログ記事について

このページは、あーさんママが2011年3月29日 23:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「明日は、産休に入る同僚の最後の出勤日」です。

次のブログ記事は「身体測定」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。