« 入院2日目(産後1日目) 慌しい入院生活の始まり | ホーム | 入院5日目(産後4日目) 搾乳の日 »

2009年11月21日

入院3日目(産後2日目) かみ合わない一日とチチの痛み

「今日はすいかの世話、張り切ってやるぞ~」

と、新生児室に行くと、
すいか、聴力検査のため不在。

授乳のタイミングを何度か逃しています。

胸が張ってきてヤバイ気がするのですが、
ナースコールに誰も答えてくれません。

今朝、新たに6人の赤ちゃんが生まれたそうで、
あちこちでナースコールと赤ちゃんの鳴き声が。
この病院の規模では年に数度あるかないかの出産ラッシュ。

それよか、わたしのチチ、イタイよぉ

すいかが戻ってきたので授乳しようとすると
今度は私の診察が。

さぁ、授乳、と思ってるとすぐ昼ごはん
(ごはんを後回しにしても授乳すべきだった・・・)

いよいよ乳、イタイです。

やっと助産婦さんのマッサージを受けて
さあ、授乳!

でも飲まないと思ったら、泣いてる理由がオムツだった・・・あぅ。

そうこうしてる間に家族から
「退院の正確な日と時間(迎えにいってやるから)教えろ」とのメールが。

姉経由のメールで連絡が入ってくるのですが、
うちの家族、だれも携帯を持ってないので、家電にかけるしかなく、かけてみると
あっさり留守で、留守電も上手に使えない人たちなので、またかけるしかなし。と。

携帯プレゼントしようかとしても「要らん」といつも断れてたけど、
やっぱり持たせるべきだった。
連絡、つけにくいヨ~。

片チチにてすいかにおっぱいをやって、
助産婦さんに片チチのマッサージをしてもらってると、
やっと家から電話です。

どんだけ間の悪い一日なんですか!もう。誰か助けて。

と、この間の悪い電話で母親との仲こじれる

そうしていると、排泄(大)の気配にトイレに行こうとすると、
すいか丸が泣く。
え~ん、(大)も後回しにしてすいかのお世話。

病院食以外は食べずに、胸の張りに注意していたのに。
「この様子だと病院で出るオヤツも今日は止めておいたほうがいいでしょう」とのこと。

IMG_3825.jpg

食い意地大王のfujiringoは
食べないように言われたオヤツを冷蔵庫にとっておいて、
あとでコソーリ食べました。

さあ、世話も終わったし(大)へ、と思ってると、沐浴指導の召集が。
すいか丸がモデルになるとのことなので、
アホみたいにビデオカメラで撮影。

部屋に戻って、再び乳マッサージしてもらって授乳、

さあ、今度こそ(大)と思ったら
予約しておいた「ハンドマッサージ」が・・・

この日は何もかも噛み合わなくて、
他にも、病室とすいか丸の写真を撮ろうとすると曇り、
晴れるとすいか丸が泣いたり、用があったりしたし、

朝、夫から「毎日写真送ってくれ」と言われて、
1枚は送ったけど、バタバタでチチマッサージ中とかに何度かメールがあって、
「毎日写真なんか送れるか~」と八つ当たりしてしまったし、

ひどい1日でした。
この日こじれた母親とのミゾは、
この日記を書いている12月に入っても修復されていないのです。
てか、ウチの親も大人気ないなぁ。

夜になるとどんどん胸が痛くなってしまって、
乳首も痛かったので
乳首クリームを片手に泣きながら寝ました。

ワキの横っちょを巨大な洗濯ばさみで挟まれたみたいに痛かったです。

ちなみに姉はもっと痛くて、
胸の上をトラックが通っていったかと思った。
と言っていました。

でも隣の病室の人は痛みもなく
授乳も快調とのこと。

授乳すべきタイミングを何度も逃していたことが悔やまれます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://fujiringo.sakura.ne.jp/hayabusa/app/mt/mt-tb.cgi/290

コメントする

このブログ記事について

このページは、システム管理者が2009年11月21日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「入院2日目(産後1日目) 慌しい入院生活の始まり」です。

次のブログ記事は「入院5日目(産後4日目) 搾乳の日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。