« 妊婦検診38週(10ヶ月3週) | ホーム | はじめてのベビー服。2wayオールを3枚準備しました。 »

2009年10月28日

「きつねのはなし」 森見 登美彦

きつねのはなし

京都を舞台に大学生が出てくるお話で、
これより後に出版される
「夜は短し歩けよ乙女」とか「有頂天家族」より
ちょっとまじめな怪しい世界を描いてるっていう印象でした。
(あんまりふざけた面白さの要素はないのです)

短編集で、少しずつ繋がっていて、
私は「果実の中の龍」がよかったです。
(シルクロードを旅したという大学の先輩の話)

骨董品や、蔵のある古い家や、人に憑くケモノが出てきて、
あやしくて夏の夕暮れのぬるりとした空気みたいな物語を楽しめました。

う~ん。でも私はこの人の
ふざけていて、面白くて、青春っぽい小説(そして舞台は必ず京都)が好きなので
やっぱり「きつね」よか「たぬき」(「有頂天家族」)のほうがいいな。
と思いました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://fujiringo.sakura.ne.jp/hayabusa/app/mt/mt-tb.cgi/273

コメントする

このブログ記事について

このページは、システム管理者が2009年10月28日 23:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「妊婦検診38週(10ヶ月3週)」です。

次のブログ記事は「はじめてのベビー服。2wayオールを3枚準備しました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。