« 【時屋のどら焼き イートイン】 | ホーム | 「告白」 湊 かなえ »

2009年8月31日

「鬼の跫音」 道尾 秀介

短編集。

お話の最後まで読むと、「ひょっとして最初の△は×のこと?」と
最初のページをまた確認してしまうような作者の得意なダマシもあるし、

人やものをスケッチブックに閉じ込めるなんていう空想のようなお話もあり。
(読んでるときは違和感ナシ)

この作者の作品は全体的にいつも暗いと感じるのですが、これもなんか暗い。
ちなみにうちの家族は暗いとは思わないらしい。謎。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://fujiringo.sakura.ne.jp/hayabusa/app/mt/mt-tb.cgi/228

コメントする

このブログ記事について

このページは、システム管理者が2009年8月31日 17:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【時屋のどら焼き イートイン】」です。

次のブログ記事は「「告白」 湊 かなえ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。