« ふじりんごの蒸しケーキ | ホーム | 「刺繍する少女」小川 洋子 »

2007年6月 5日

「盗作」伊藤たかみ

伊藤たかみの本は初めてなので、
判断しにくいのですが、
私の好きな作家M氏の要素満載でしたので、
(馬鹿の一つ覚えで恥ずかしいので名前はふせてみました)
もしかすると作品のタイトル「盗作」には
主人公が友人の小説を「盗作」したという意味ではなく、
伊藤たかみが作家Mを再構築してみた
という意味があるのかな?

例えば「下品だ、くだらない」と思うようなシーンも
作家Mが書けばそれには意味があるに違いないという具合に
熱心に私なんか読んじゃうわけで、
同じシーンを他の作家が書けば
「気持ち悪い、変だ」と思っちゃうわけですから、
わざとこうしてるとしか思えないなあ。

ちなみに「八月の路上に捨てる」まだ読んでいなくて、
デジタル立ち読みページ見たのですが、
この本とはまた違った雰囲気だったので、
そっちのほうがちゃんと楽しめるかもと思いました。

ところで、この本、ビートルズがいっぱい出てくるのですけど、
ジョンがもしも生きていたら、
今ごろきっと

マイバックを持とう!
コンセントは抜こう!
使えるものはリサイクル!

と呼びかけてくれていたに違いない。
などとどうでもいいことを考えたりしてました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://fujiringo.sakura.ne.jp/hayabusa/app/mt/mt-tb.cgi/119

コメントする

このブログ記事について

このページは、システム管理者が2007年6月 5日 23:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ふじりんごの蒸しケーキ」です。

次のブログ記事は「「刺繍する少女」小川 洋子」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。