« 「日本の兄弟」松本 大洋 | ホーム | 「俯いていたつもりはない」永井 するみ »

2007年5月24日

「デブになってしまった男の話」鈴木 剛介

コムズカシイところがなくて、明るい、読みやすい。
超ポジティブシンキング!

自動車事故を起こすところは
「国境の南、太陽の西 」のまんまだし、
「それって村上春樹の本の・・」っていうセリフもあって、
遊びが仕掛けてある。

面白かった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://fujiringo.sakura.ne.jp/hayabusa/app/mt/mt-tb.cgi/115

コメントする

このブログ記事について

このページは、システム管理者が2007年5月24日 23:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「日本の兄弟」松本 大洋」です。

次のブログ記事は「「俯いていたつもりはない」永井 するみ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。