« 紙婚式 | ホーム | 「凍りのくじら」辻村 深月 »

2007年4月10日

「キッドナップツアー」角田光代

小学生の女の子が主人公の児童書なので、子供のころを思い出しました。
忘れてるわけではないけど、ここ何十年も思い出したことのないことが
手に取るように思い出せて不思議な感じ(けっこう楽しい)。

初めて買ってもらったハードカバーの児童書を思い出して実家に電話しました。

「「しのはきょろきょろ」っていう本あったでしょ?ある?」

母「調べて電話してあげる」

(5分後明るい声で)
母「図書館に電話したらあるって」

私「なんで図書館の本があるか聞くんだヨ。わたしのだヨ」
(図書館の本なら、東京都だけでも23区分あるだろ、そりゃ~。)

探してもらったけど、家にはないらしい。
絶版の本です。
また見たいです。

まずは今住んでる町の図書館でガマンしよう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://fujiringo.sakura.ne.jp/hayabusa/app/mt/mt-tb.cgi/89

コメントする

このブログ記事について

このページは、システム管理者が2007年4月10日 23:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「紙婚式」です。

次のブログ記事は「「凍りのくじら」辻村 深月」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。