« 「東京奇譚集」村上 春樹 著 | ホーム | 「そのときは彼によろしく」市川 拓司 (著) »

2005年10月14日

「世界中が雨だったら 」市川 拓司 (著)

短編がいくつか。

いろんなことから取り残されてる心優しき主人公は、

「欲しいもののためには手段を選ばない悪いヤツが多すぎる!」

と嘆きながら慎ましく暮らしてる。
(女性と付き合ったことはない)

でも、そう言ってる本人がいよいよって時に自分の幸せのために全く手段を選ばない。
で、そのことに全然気づいてない。
っていう皮肉のお話が面白かった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://fujiringo.sakura.ne.jp/hayabusa/app/mt/mt-tb.cgi/63

コメントする

このブログ記事について

このページは、システム管理者が2005年10月14日 21:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「東京奇譚集」村上 春樹 著」です。

次のブログ記事は「「そのときは彼によろしく」市川 拓司 (著)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。