« 「いま、合いにゆきます」市川祐司 | ホーム | お金がにゃい »

2005年5月14日

「白い薔薇の淵まで」中山可穂

若い女の子(ひたむきで情熱的)と猛烈な恋に落ちる30代の女の人の話でした。
情熱的な若い女の子と成熟した大人の女性の組み合わせっていうのは
「スプートニクの恋人」のすみれちゃんを思い出しますね。

30代の女の人は結婚しちゃうんです。
その女の子のことが大好きなのですが結婚がしたいんです。
レズの道をリタイヤして結婚するのは安易な幸福だと後ろめたく思うようです。

命を削って芸術作品とか作る人もいますし、
インモラルな愛を一生突き通す人もいますし、
結婚と出産はそれに比べてしまうと安易な幸福なのかも~。

私もそのような安易な幸福が欲しいひとりです。
ローリスク・ローリターンな人生です。
たぶん。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://fujiringo.sakura.ne.jp/hayabusa/app/mt/mt-tb.cgi/39

コメントする

このブログ記事について

このページは、システム管理者が2005年5月14日 12:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「いま、合いにゆきます」市川祐司」です。

次のブログ記事は「お金がにゃい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。