« ノイタミナハチミツ | ホーム | 「白い薔薇の淵まで」中山可穂 »

2005年5月10日

「いま、合いにゆきます」市川祐司

悲しい話だと覚悟して読んだけど、
幸福なお話だと思った。

たまたま本を読んだ時が
中村獅童と竹内結子の交際の発表と重なったからかもしれません。

たったひとりの人に巡り会うというのは
やっぱり幸せなことですよねぇ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://fujiringo.sakura.ne.jp/hayabusa/app/mt/mt-tb.cgi/38

コメントする

このブログ記事について

このページは、システム管理者が2005年5月10日 23:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ノイタミナハチミツ」です。

次のブログ記事は「「白い薔薇の淵まで」中山可穂」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。