ホーム | 「レディ・ジョーカー」高村薫 (著) »

2005年1月20日

「孤独か、それに等しいもの」大崎 善生 (著)


若い時にごく親しい人の死に直面すると、深く傷ついたり、影響を引きずるんだろうな。というのは「ノルウェイの森」を読んだ時の感想でした。そのときと似た気持ちになりました。とはいえ「ノルウェイの森」とは全然違う話です。身近な人の死によって傷ついた心が描かれていました。ところでタイトル作の「孤独か、それに等しいもの」は双子が出てきます。双子って興味深いですよね。自分が経験したことのない日常がある、という意味では「双子になってみたい」と思います。おなじ動機で「男になってみたい」とも思います。全然話がそれました。失礼。

コメントする

このブログ記事について

このページは、システム管理者が2005年1月20日 02:17に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「「レディ・ジョーカー」高村薫 (著)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。